サヤ
  • サヤ エロ画像1

  • サヤ エロ画像2

  • サヤ エロ画像3

  • サヤ エロ画像4

  • サヤ エロ画像5

○ 画像クリック:拡大
タイトルサヤ
商品IDidjs117
対応状況 PC対応 スマホ対応
ジャンルハイビジョン巨尻ぽっちゃりパイパン巨乳
メーカー今ドキ女子の性事情
価格¥500~
volume0:42:00
発売日2024-03-27 10:00:48

今日ホテルにやって来た彼女は28歳の保育士でサヤさん。
肉感的で美味しそうな身体

「そんな方がなぜ応募してきたんですか?」
「普段できないことができるかなと思って」

今まで体験したセックスでは満足感が足りないから、未知の快感を体験したいとのこと。
暫く談笑してリラックスさせた後、彼女の今日のお相手である男優と対面させた。

「こんにちは、お願いします」

淫乱な彼女は男優のもっこりを見て目をいやらしく光らせた。
そして目の前にあるパンツ越しのチ○ポにタッチする
これから受け入れるチ○ポに期待大のようだ。

「責めて欲しくて…。胸とか」

彼女は自分の感じ易いところを愛撫して欲しいとちゃんと要望を口にする
期待した顔をして男優からの愛撫を待った。
まずは濃厚なキス
ブラジャーからは大きなオッパイがこぼれ落ち、乳首をいじくられると身体をぴくぴく反応させた。
敏感な乳首を舐められうっとり恍惚顔。

パンティの股間をぐりぐりされ、そのまま四つん這いの体勢でお尻を突き出した。
直接クリトリスをいじくられると気持ち良さに身体を震わせて喘ぎ声も大きくなっていく。
さすがに最初は恥ずかしがっていたが快感の方が勝ち、大胆に股を開く始末。
敏感に震える度に巨乳がブルンブルン揺れる迫力ボディ
淫乱なパイパンマ○コが丸出しになった所で男優がその中心に顔を埋めてクンニ
クリトリス舐め指マンを同時に受けて快感で身を捩って喘ぎ悶えるサヤ。

ヤバイ~、ああ~!

男優のエロテクニックに全身快感状態に陥っているサヤは大絶叫で喘いだ。

そこ、いい

M字開脚の体勢から四つん這いの格好にしてサヤの一番の弱点を責めまくる。
全身が快感に陥っているようで、背中を撫でられてもビクビクする程ヨガっている。
指マンで大量の潮を吹いても股間責めを止めて貰えないサヤは白目を剥いて身悶える
チ○ポをサヤの前に出すと、亀頭からすっぽりと咥えていやらしく首を振りながら舐めあげるフェラをした。

え、太くない?

サヤの口の中でどんどん大きくなっていくチ○ポに『大きい』と悦び、美味しそうにしゃぶる…。
舐めれば舐めるほど、ぐんぐんと膨張して行く男優のチ○ポに目を輝かせてべろべろと舌を這わせた。

おっきい。すごいとしか言えない

敏感なクリトリスを弄られると喘ぎ声をあげて、時々口から離れながらも大好物のチ○ポを離さないように懸命にフェラ。

「このまま舐めて終わりにします?」
これ挿れてみたい!

自分からマ○コの穴を広げ、騎乗位で勃起チ○ポをずっぽり呑み込んだ

すごくない?この時点で当たってる。おっきくないですか?

マ○コにずっぽりハマったチ○ポの大きさを体感して悦顔になった。
腰を動かすサヤのリズムに合わせる下からの突き上げで大きなオッパイを揺らしながら喘ぎ声を張り上げた。
乳首を摘ままれるとサヤも男の乳首をいじくり互いの乳首をいじくり合いながらのセックス。
チ○ポの出し入れとともにクチュクチュといやらしいマン汁の淫音を響かせ身悶える

「今度は後ろから」

四つん這いになってお尻を突き出すサヤ。
羞恥のアナル丸見え状態で挿入を待ち焦がれる
そのままズッポリとチ○ポを挿入した瞬間から激しいピストンでまるで動物のように交尾した。
バックがお好みらしく大きな喘ぎ声を上げてヨガリまくった。

「自分で動いてごらん」

男優から要求されると本能のままに懸命に腰を動かそうとするが、上手くできない。
そして再び受身になってチ○ポをヌキサシされてすぐに感極まった…。
ベッドの縁に手を突いて、今度は立ちバックでヌキサシされる…。

挿れて!
何を?
チ○ポを挿れて

凌●の言葉責めに火照って赤面しながらもチ○ポという言葉を口にする
立ちバックで挿入されて激しくピストンされると身体をビクビク震わせて絶頂に向かった。

あ、待って、ダメダメ、イク~

快感が爆発したように身震いしながら絶頂に達して腰砕け状態寸前。
脱力したサヤの脚を開くと正常位の体勢でチ○ポを挿入。
されるがままのサヤに激ピストン。

ああ、イクイク~

高速ピストンをお見舞いされるとまたすぐに感極まって絶頂に達してしまったようだ。
絶頂でビンビンに感じているサヤにハメながらクリトリスも責めると身震いしながらヨガリ悶える…。

中に出して!

色っぽい視線でザーメンを欲しがり中出しを懇願するサヤ

中に出されるの好きなの?
うん、好き!

激しいピストンを浴びせ淫乱マ○コの中にザーメンを中出し発射
太ももをガクガクさせサヤはそれを受け止めた。

「どうでしたか?」
「すごい、迫力がヤバイ。ありがとうございます」

マ○コからザーメンを垂らしたままのサヤ。
火照った身体を手で扇ぎながら微笑んだ。

関連作品

WEB SERVICE BY FANZA