ユミ&マコト
  • ユミ&マコト エロ画像1

  • ユミ&マコト エロ画像2

  • ユミ&マコト エロ画像3

  • ユミ&マコト エロ画像4

  • ユミ&マコト エロ画像5

○ 画像クリック:拡大
タイトルユミ&マコト
商品IDagcn023
対応状況 PC対応 スマホ対応
ジャンル4Kハイビジョンパイパンニューハーフ淫乱・ハード系3P・4P
メーカーアヘ顔ちゃん
価格¥480~
volume0:57:00
発売日2024-03-27 10:00:46

私は愛の臨床心理学者のモー●ー教授。
女性の悩みを洗脳セックスで解消するカウンセラーだ。
今日、私の研究室にやってきたのは2人の女性。
1人は以前から通っているユミ。もう1人はユミの地元の後輩であるマコトだ。
ユミは愛らしい雰囲気を持っていて、マコトは目鼻立ちがしっかりとしているタイプだ。

すでに洗脳済みのユミは期待で早くも目がトロンとしてる。
身体を撫でながら気を送ると、すぐに甘いアエギ声を上げた。
その光景を目の当たりにして呆然とするマコト。
そのマコトの身体をユミが撫でて弄び、同時に私も気を送った。

「ハートが閉じてるね。オープンしていこう」

{私のパワーで既に目がイッているユミはだらしなく舌まで出す淫らなアヘ顔
ユミと舌を絡める官能的なディープキスの光景をマコトに見せつけた。
今度はマコトに気を送り、優しく引き寄せてキスを交わすがマコトは拒絶をしない。
ゆっくりマコトを洗脳して、下半身に気を送りながらマコトを施術していく…。

優しく股間を撫でてマコトのパンティをずらすとチ○ポが現れニューハーフであることが判明した。
快感を素直に受け入れたマコトはチ○ポを自分で扱いて、目の前のユミの乳首にむしゃぶりつく。
私はユミへの指マンで股間にパワーを送り込む…。
その施術を待っていたユミは大きなアエギ声を上げながらアヘ顔
私のパワーで全身が性感帯になり、ビクビク体を震わせながらヨガった…。

「うんと開放していこう」

マコトのチ○ポをユミと私でたっぷりフェラをすると、快感に悶えまくる。
そしてついにマコトもあられもないアヘ顔を晒すようになった。
マコトの目の前に私のチ○ポ差し出すとしゃぶりついて、いやらしくフェラをする。
ユミも舐めたいようで3人で入り乱れるようにパワーの源であるチ○ポをしゃぶりあった。
自分の股間を弄りながらユミがチ○ポを舐めてうっとりする。
そしてそのままオナニーで絶頂した…。

「思いっきり、拡げて」

自分で脚を広げて待ち焦がれるアナルに指を挿入するとマコトは全身を震わせてヨガった。
マコトの敏感なアナルはアナル用のバイブでユミにも責められ悶絶状態。

ああ~!イイっ!
「寝っ転がってごらん」

脚を開いてアナルへの挿入を求めるマコトに正常位の体勢でチ○ポをずっぽりねじ込んだ
待望のアナルセックスに理性崩壊するマコト。
私のパワーの肉棒を気に入ったようで官能の顔でチ○ポを受け入れる…。

「先生の…気持ちいいです」

チ○ポの快感を受け止めて悶えて何度も絶頂に達しながらアヘ顔を見せるマコト。
アナルでチ○ポを受け入れながら、ユミの股間にむしゃぶりついてクンニでマ○コを舐めまくる…。
ユミもまたその快感でだらしないアヘ顔状態でビクビクしながらヨガった…。
マコトのアナルに腰を打ちつけ強大なパワーを注入すると、ユミをクンニしながらマコトが絶頂に果てた…。
そしてユミもまたアヘ顔を晒しながらイキまくった…。

パイパンマ○コをマコトに舐められヨガっているユミに私のチ○ポでパワーを注入する
舌からチ○ポに交代して更に激しくヨガった。

すごいすごい、奥まで入ってる!先生、ああっ、イキます!

身悶えしていたユミは舌を出しアヘ顔のままで、昇り詰めて絶頂に達した。
今度はお尻を突き出してバックでの挿入をおねだりしてくる。
ユミはバックでチ○ポに激しく突かれながら、マコトのチ○ポも欲しがりいやらしく舌を伸ばしてフェラ

絶頂にビクビクするユミからチ○ポを抜いて、再びマコトとのアナルセックス。
2人とも快感に身を任せアヘ顔でイキまくる。
マコトとアナルセックスしながらも、ユミもおろそかにはしない…。
いやらしく身悶えして欲しがるユミにも指マンでパワーを注入。
すると、すぐに昇り詰めて潮を吹いた
私にハメられているマコトに並びユミも自分の股間を弄って快感を満喫するようにオナニーに没頭した…。
アナルにヌキサシするパワーの快感に、マコトは深い絶頂を味わい大絶叫した…。

「イクよ、あ、イクイク」

パワーの放出を受けたがるマコトが口を開けてチ○ポを欲しがる…。
その口元にチ○ポを近づけ舌先に濃いザーメンを発射した。
放出されたパワーの源を舌で味わうようにユミがすかさずマコトの口元に吸いつく…。
2人は私のザーメンを嬉しそうに舌先で弄ぶように味わった。

「どう、よかった?」
「すごい気持ちいい」

快感のパワーで身を投げ出してセックスの余韻に浸るようにユミとマコトが抱き合った。
悩みを吐露していたマコトだが、幸せそうな表情を浮かべている。
私の施術で完全に治癒したように見えた。

こうして悩みを解消する洗脳セックスが終わった。

関連作品

WEB SERVICE BY FANZA